トップ / 女性のひげを隠すメイク法

メイクで上手にひげを隠そう

女性でひげが生えてしまった場合には、剃って処理することになりますが、それでも近くで見ると、ひげの跡が目立ってしまいます。そのため、メイクで隠すと良さそうですが、通常通りにメイクしてみても、なかなか上手く隠せないという人が多いでしょう。ひげの跡や肌の状態によって、隠しやすいメイクの施し方が違ってきます。そのため、ひげの跡がどのような状態になっているのか鏡でよく見てみましょう。

そうすると、青ひげの状態になっている人が多いかと思います。女性の場合には男性と比べて肌が白い人が多いため、ひげを剃ると青ひげになりやすいのです。男性でも青ひげになる人は、肌が白い人というケースが多いです。ファンデーションやコンシーラーを塗り込んで隠すことになりますが、青ひげになっている場合には黄色系のものを使うとひげの後は上手く目立たなくできます。コンシーラーを使わずファンデーションのみで隠すこともできます。その際には毛穴をカバーするときと同じようにして、擦らず青ひげの箇所にたたき込みます。

また、ひげを剃った跡が青ひげの状態ではなく、黒い点が目立っている人もいるでしょう。皮膚の下に埋まっているひげが、浮き出て見えてしまっている状態です。剃った後は断面積が大きくなるため目立ちやすくなることもあります。この場合には、暗めの赤系統のファンデーションやコンシーラーで、隠しやすいです。他に赤い口紅を使用して隠す方法もあります。下地を塗ってから、赤い口紅を唇から少しはみ出す形でうっすらと塗ります。そして、その上にファンデーションを塗ります。そうすると、上手く口ひげを隠すことができます。この髭の隠し方は男性が女装をするときにも使われる方法です。