トップ

男性ホルモンで女性にひげが生える

ひげは男性のみに生えるものという認識を持っている人もいますが、女性でも男性に生えるような濃いひげが生えてきてしまって悩んでいる人が多いです。女性も顔に細かな産毛が生えており、これが濃くなってしまうことによって、男性のひげのようになってしまいます。その主な原因としては、ホルモンが大きく関係しています。

女性の身体は女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンも分泌されています。ただ、その量が少ないため、普段は女性ホルモンの働きで男性ホルモンの働きは抑制されています。そのため、男性ホルモンの働きが目に見えて出て来ることはありません。しかし、男性ホルモンの分泌量が増加し、女性ホルモンの分泌量が減ってくると、男性ホルモンの働きを抑制しきれなくなってきます。そうなると女性でも、身体に男性のような変化が出て来てしまいます。その変化の1つとして、顔の産毛が濃くなり、鼻下やアゴに濃いひげが生えてしまうといった現象が見られるというわけです。

女性ホルモンは年齢とともに分泌量が減少しますが、20代くらいの若い女性の場合でも、男性ホルモンが増加することで、ひげが生えてしまうことがあります。男性ホルモンを増加させる原因としては、ストレスや生活習慣の乱れなどが挙げられます。仕事でストレスを抱えていて、特に発散する機会がない状態が続くと男性ホルモンが増加していきます。また、睡眠不足や偏った食生活、喫煙なども男性ホルモンの増加に大きく関わってきます。

ひげが生えてしまった場合には、医療脱毛で脱毛をする他に生活習慣を見直しストレスをため込まないようにすることが大切です。また、大豆イソフラボンを含む豆乳や納豆、ビタミンEを多く含むアボカドやカボチャなどを食べることでホルモンバランスの改善に効果があります。